スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全敗
スポンサー広告  

クラン「最弱」について
掲示板での揉め事の時にクランについて質問という名のイメージ低下とも取れる行動をとられたため
今後の誤解されるようなことが無いようにこれを今書かせていただく 

現在のクラン状況

クランマスター 全敗
クラン名   最弱
活動  自由な 初心者の為のクラン

このクランの目的は  初心者の為のクラン である
なぜ初心者の為のクランを作ろうとしたのか・・・
私がこのクランを設立するまでのCFでの話をしたいと思う
読みにくいと思うが読んで頂きたい  とだけ言わせてもらおう




そう私はまだ階級がVだった頃だ
あの頃は皆弱く・・・一部の強者によるゲームであった
ダイヤという階級は今では誰でも普通と思うことであったが
あの頃のダイヤの多くは 「強者」 であった
ダイヤが一人でも部屋にくると戦況が変動するようなものである
そんな昔のCFのとき 私は階級がVであった

CFを楽しむ中で私は色々なことを経験していった
諦めて辞める者や 必死に腕を上げて同じ強さまであがった者も見た
私はその頃ゴーストマッチをメインとして活動していた
あのときの気分は言いにくいが


ゴーストをプレイしているうちに「技術」が無い者とある者の力の差を感じ
誰も そう 優しく接し技術を教える人がいなかったのである

一部には教えているものもいたが小数である
この時に誰かの役に立ちたいな という軽い気持ちが生まれたのだ




別に今のように真面目でもなく小さなクランを立ち上げた
クランの目標は初心者育成という自分の器には大きすぎた目標であった


    クランって?    仲間と活動?
 何をするの?  あなたは何がしたいの?
    信用できる人と行動すること   違う視線からの指摘
  クランとは?活動とは?     何を目標にするのか


色々な考えや活動の中最初のクランは解散することとした
結局うまくまとめられなかったりその目標が大きすぎたためである
この活動を通してゴーストの 「不可視」 を一部の方に教えられたりできた




クラン解散後 暇をもてあました私は鬼ゴ部屋に入り浸ることとなる
この間に階級はV3まで伸びていた
実力はVのまま 笑える話だが本当である

鬼ゴ部屋の住民達は 「バグをする」 が当然でありそのために連携は必要であった
この部屋のルールで勝つには 連携 が必要なのだからその目標を達成する技術はすごかった

役割分担などしていないのに自ら進んで土台になる者
その土台を踏み越えて奥へ行く者
そして逃げる土台を最後まで助ける上の者

馬鹿みたいなことだが野良部屋でココまで雑魚と呼ばれるものたちが連携していたのである
まぁ喧嘩は普通 荒らしは暇つぶし 新しいバグを発見したものはすごい

そんな中高い技術を持つ者達は生き延びるために新しいバグについては適当に教えていた
一部の親切なものはしっかりと教えていたが説明はわかりにくかった

ココでもう一度自分の考えが動いたわけである
「うまく教えられないものか?」 と

結局前の失敗した思い出が残っていたため諦めたが・・・
機会があれば もう一度 やりたい と気持ちは十分であった




しばらくして階級がV3~ダイヤになり鬼ゴも飽きてきた頃
頼み込んでクラン CFゲリラ に入れてもらった
彼らの考え方はとても新鮮であったことは今でも覚えている
今でも彼らには感謝している

勝手なことであるがココを借りて書かせていただく

CFゲリラの方々
本当にありがとうございました




さて本題に戻るか・・・
いつごろ何してた~とかあんま覚えてないからなぁ・・・
階級とか行動が間違っていたらすまん
まぁ馬鹿らしい流れである




無所属になったあと私はいろいろと考えた
そして考えた結果初心者クランに加入し 手伝ってみるなどしてみた
本来の軽い気持ちはココで変わったといえよう


入ってみたクランで満足できる活動は無かった
実際初心者のためになることは行われていなかったのである

それ以来クラン募集のところの文字には信用などしていない

初心者募集! 初心者大歓迎! 初心者でもOk! やさしく教えます!

これぐらい誰でも見たことあるだろう・・・?
実際入って教えてくれるところなんて少ないんだ
その初心者のために必死になってくれる奴なんていないんだよ・・・

馬鹿らしいけど誰かのために頑張りたい
そう思って今の最弱があるんだ




最弱を設立した理由は
本当に初心者や弱い人のために強くなることを教えたい
そう思って設立したんだ



本当に・・・ 本当に 初心者や弱者のためのクランをつくり、活動することは難しい
現在初心者の加入は少なく 活動ものんびりしたものである
機会があればこの活動を本格的なものにしていきたい
そう今でも思いつつ 信頼したクランメンバーと今いるのである


信用して活動しているが結局は初心者や弱者のクラン
そして人が集まる所

その一人でも何か問題を起こせばクランの皆に迷惑をかけるのである
見たことも無い初心者や弱者が加入希望しているとき
歓迎 と 悩み を同時に抱えるようになった
クランの考えがわかってきている人
だけど・・・本当に信用できるのか・・・?


見たことも無い話したこともない人を加入許可することはとても難しい
だけど信用をしなきゃ相手も信用してくれないんだ
そう思って今も新しいメンバーを迎えることとしている




長くなったがココでクランの考えなど書かせていただく

クラン最弱 「初心者」 「弱者」 の為のクランである

活動 「必要なことを教え」 「普通ぐらいの腕をつけてもらうこと」 を大切にする

考え 初心者だとか弱者だとか甘えるだけじゃなくて強くなる考えを忘れてはならない
    しかし強くなるだけ以外にも 楽しみ はあると考え行動するのも良しとする

禁止 基本的な不正行為 ※時と場合による
    それは本当に不正行為でも悪い行為だったのか
    そういった事を考えて判断と処罰を出すとする

現マスターの考え

クランとは人の集まる場所でありいろんな考えや意見を持つ者がいる
何か起こってからでは遅いがそれが起こってくれれば新しい考えも出る
悪いことが起これば落ち込むだけでなく 改善策や どうしてこうなったか考え
良い事ならどうしてそれがよいのか考える


そして


信用される人になる


これが一番大切なことである
クラン目標には入れてないが
立派なプレーヤーになるには誰かに信用されるべきであると個人としては思う
強くなることより誰かに信用される
これが・・・大切だと考えてクラン活動を行っている






初心者や弱者 へ


初めてや弱いのは恥ではない
迷惑をかけている と自覚しているならよろしい
誰もが通った道なのだ

初心者のためのクランに入ったりするなら積極的に声をかけるべきだ
「教えて!」って言われて誰も嫌だなぁと思わない
教えてもらうのは恥ではない 
誰もが通った道なのだ


君が強くなったりしたとき君は何を思う?
誰も通ったことの無い道を開拓するのか
みんなが通る道を整備するのか
満足をして引退するのか


誰も行き先はわからない
そんな地図にも無い道
だから楽しんで欲しい





行き先が崖だってある
一回ミスをしたら道はなくなってしまう事もある

行き先が沼だってある
どこが危険でどこが安全なのかわからない事もある

行き先が山だってある
苦労をした後どんな道があるのかわからない事もある

行き先が海だってある
道が見えなくて立ち止まってしまう事もある


だから楽しんで欲しい
クランはいろんな道がある
どの道がいいのか しっかり考えて歩きはじめよう




最後に
何が書きたかったのかあまりわからない
まっ 適当なクラン報告だか状況だかと考えてくれ
長文でよくわからない内容ですみません
スポンサーサイト
全敗
クラン設立の理由 そして 今   9 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。